16164003_西荻窪の住宅
16164001_西荻窪の住宅
16164005_西荻窪の住宅
16164007_西荻窪の住宅
16164009_西荻窪の住宅
16164011_西荻窪の住宅
16164013_西荻窪の住宅
16164014_西荻窪の住宅
16164015_西荻窪の住宅
16164016_西荻窪の住宅
16164017_西荻窪の住宅
16164018_西荻窪の住宅
16164019_西荻窪の住宅
16164021_西荻窪の住宅
16164022_西荻窪の住宅
16164023_西荻窪の住宅
16164026_西荻窪の住宅
16164025_西荻窪の住宅
16164024_西荻窪の住宅
16164027_西荻窪の住宅
16164004_西荻窪の住宅
16164006_西荻窪の住宅
16164008_西荻窪の住宅
16164010_西荻窪の住宅
16164012_西荻窪の住宅
16164002_西荻窪の住宅

西荻窪の住宅  2016

 

data
東京都杉並区
二世帯住宅
木造3階建て
延床面積 267.56㎡

施工 (株)ベルクハウス

周囲を建物に囲まれ敷地延長の旗竿敷地という,難解な敷地条件.

都市では当たり前の環境ではあるが,建て主の数々の要望を形にする事ができた,完全分離型の二世帯住宅である.

1階には親子世帯のそれぞれの玄関を設け,2階には親世帯,3階には子世帯を配置している.共用のアプローチは個人邸というより集合住宅のアプローチを意識し,それぞれの出入り口を完全に分離した.2階の親世帯のLDKには,バルコニーのような外の縁側を設け,外からの視線の緩衝帯をつくり,無意識にプライバシーを確保できるようにしている.3階のLDKは3方向に窓を設け,明るく開放的な空間としている.2世帯お互いが気を使うことなく,付かず離れずの関係を保つ事ができる共同住宅である.

 

Copyright©,Kato Architect Office,All rights reserved.